2018年09月21日

馴染む。我の手に。 小牧支店の桑山



皆様、ご機嫌いかがでしょうか?


今年の夏は猛暑でしたが、

ここ最近はようやく気温も下がり始め、

朝晩であれば少し冷える日も多くなってきましたね。





さてさて、早速ですが本題です。

よく聞く悩みとして、

こんな事にお困りではないでしょうか?






買ったばかりのグラブ、硬くて使えんがね!!


馴染むまでに時間がかかるがね!!








そうです、ごもっともな意見です。





硬いグラブでは、中々テンションが上がりませんね。





グラブを馴染ませる = 型付け、と言う

作業を行うのですが、

本来ならば購入したお店とかで、

スチーム加工や湯もみ型付けを行ってもらうのが主流です。





ですが、個人でも、型付けや、

柔らかくしたりする作業ができます。







写真のように、

ハタケヤマ製の保革軟化リキッドオイル、

型式:SF-1 がお勧めです!





P_20180901_165816.jpg







こちらを塗布した後、

グラブ各所を揉んで柔らかくしたり、

写真のような木のハンマーで叩いて馴染ませ、

自分の好みのポケットを作っていきます。



作業前と作業後の馴染み感は、

かなり違うと思います。




この作業がたまらなく楽しいです。




でも、一回使うと、中々次に使う機会がないので、

余ってしまうのがもったいないですかね・・・。




こちらレンタル希望の方がいましたら、

一声頂ければ、お貸しします。





それでは。








写真使用の製品を参考までに。




リキッドオイル・・・

ハタケヤマ製保革軟化リキッドオイル

型式:SF-1




ハンマー・・・

ザナックス製トンカチ型グラブハンマー

型式:BGF-21



グラブ・・・・

ドナイヤ製 軟式用内野グラブ

山田哲人モデル 品番:DJNIM



posted by 瀬戸大同 at 06:00| 愛知 ☀| Comment(0) | 小牧グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: