2019年01月28日

読書の冬

こんにちは、働き方改革をしなくてはいけない鈴村です。
1年で一番寒い季節になりましたなりました.
ですが今年の寒さは、それ程でもない様に感じます。
でもインフルエンザは、例年以上に流行っています。
お得意差様でも何人も罹られており、注意しなくてと思っています。

 寒いこの時期は家で過ごす時間が長くなるので、DVDを観たり、
読書をするのにもってこいですが、最近は、自由な時間が少なく、
なかなか読むことが出来なくなってしまっています。
 直木賞候補になる様な小説を読むことがほとんどで、気楽に
読めるのが好きです。本は作家で選びます。好きな作家が何人か
おり文庫本になってから読みます。好きな作家は奥田英朗・東野圭吾
半村良・五木寛之などいますが、どうしても偏ってしまいますので、
新しい作家をみつけようと、タイトルと帯などに書かれたあらすじ
をたよりに少しずつ試し読みをしています。あと高校時代の歴史の
先生に反発して、歴史が嫌いになり、歴史小説を全く読んだこと
がないので読んでみようと思っています。こちらは著名な作家が
数多く、もうすぐ時間は多くとれる様になるので、どんな本に
出合えるか今から楽しみです。

 もう少しで春になります。
やわらかくなる、日差しを心待ちにしたいと思います。






posted by 瀬戸大同 at 00:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 社員日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: