2019年02月06日

日本国紀 加藤

皆さんは百田尚樹の「日本国紀」をもう読みましたか?

私は、高校の時、社会科の授業で「日本史」を選択しました。

45歳を超えるころから、少し学び始めたとき、

外国では自国の歴史は必須科目で「国史」と呼んで、

自国のアイデンティティを示す大切なものとして、

教育していることを知り柾いた。

 私は、日本に生まれ、

代々瀬戸の地で生きてきた先祖の血を受け継いで、

現在を迎えています。自分の存在が

この日本国によっていることと思います。

それを、すっきりと納得させてくれるのが、

この「日本国紀」と感じます。

とりわけ、近代から現代にいたる後半分は、

すっきりします。

 今自信を無くしている、大人たちにとって

元気が出ることと思います。

yjimage.jpg
posted by 瀬戸大同 at 09:03| 愛知 ☁| Comment(0) | 業務グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: