2024年06月26日

中村235

こんにちは。瀬戸の中村です。
今回は少し前になりますが4月下旬頃に福井旅行をしてきました。

一乗谷朝倉氏遺跡博物館では資料の展示だけでなく
バラバラになった壺の組立パズル、再現された朝倉館、着物レンタル等があり
楽しく観覧する事が出来ました。

博物館から一乗谷城跡への道を歩いていったのですが
かなりの数の桜の木がありました。
今回は開花から遅れた時期の為、ほぼ散って緑が満開になっていましたので
来年は4月上旬にいってみようと思います。
DSC_5163.jpeg
DSC_5106.jpeg



プラントピア(植物園)
結構広い植物園で展示植物の数も多いのですが
何故か全く人がいない穴場でした。
中には木製の足場で森の間を抜ける事が出来たり
人がいないことも相まって良いリラックス時間となりました。
DSC_5220.jpeg
DSC_5294.jpeg

帰り際にめがねミュージアムなるところを見つけたので
寄ってきました。過去のメガネ展示や、製作道具の展示と
普通にメガネ屋も入っており、メガネの購入も可能な施設でした。
DSC_5185.jpeg
DSC_5187.jpeg

福井はいつも若狭方面へ行っていましたが
石川県寄りも良い所がいっぱいあり、満足出来た福井旅行でした🚗
posted by 瀬戸大同 at 10:18| 愛知 ☁| Comment(0) | 社員日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月25日

なんでだろう

こんにちは
私がビオトープで大切に育てているメダカが何故か一匹づつ姿を消しています。
今は二匹だけになってしまいました。

寿命だったのかなと思い探しても見つからず。
鳥対策が不十分だったのかな?
どうしたらいいのかなと悩んでいます。



posted by 瀬戸大同 at 07:51| 愛知 | Comment(0) | 社員日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月24日

お疲れ様です。
岡崎です。

子供が保育園で花を育てており、家でもやってみたいと言ってきました。
それがきっかけで、レンガを使って花壇作りにDIYにて挑戦しました。
息子にも手伝ってもらいながら無事完成し、「岡崎フラワーガーデン」を開店しました。

ハイビスカス、サルビア、マリーゴールド、、、他にも植えましたが難しい花の名前だったせいか
忘れてしまいました。
どんどん種類を増やして「金谷ファーム」に負けないように、栽培していきます。

花の知識が無いので、これからの時期お勧め花があれば教えて下さい。









posted by 瀬戸大同 at 09:00| 愛知 ☀| Comment(0) | 社員日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月20日

今年のキャンプ

今年も富士山へキャンプに行ってきました。
快晴にも恵まれ有意義な日を過ごす事が出来ました。
これで3年連続富士山キャンプとなります。
毎年これ以上の景観はもうないだろうと思いながら、何故か引き寄せられてしまいます。
来年も多分行くんだろうなあ...
ちなみに8月は長野、9月は和歌山を予定します。

DSC_0662.JPG




posted by 瀬戸大同 at 13:01| 愛知 ☁| Comment(0) | 社員日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月19日

第2代目社長の就任

いよいよ第2代目の社長として、私が就任することになりました。そういう時代だったと言ってしまえば、それだけの事です。
 金融機関は当然のことながら会社に入っている私が、後継者となることとしていたようです。
 私も、いつの日にか、父の後を継ぐことを念頭に置いて入社したはずでした。時代は、バブル崩壊の真っ只中、何をしたらいいのかさっぱりわかりませんでした。
 そこで悩み抜いて考えたのは、以前にも書きましたように、どのような形に会社があったとしても、誰にも迷惑をかけない姿にしなければならないと決めました。
 中小企業大学校、瀬戸校で経営管理者養成コースを受講しました。そこでの中小企業診断士 鬼頭義朗先生に助けていただきました。
 商売と経営とは別のものであることをしりました。経営こそが瀬戸大同の存在の意味を追求することであります。
 経営する意味は、ここで働く人、全てを幸せにすることであり、同時に、この組織に関わる多くの関係者に満足を与える事です。しかし、関係者の中で、ただ1つ、私たちにこの組織を運営する資金を与えてくれるのがお客様です。
 では、お客様は私たちになぜ利益を与えてくれるのでしょう。お客様に満足や感動を与え、私たちと取引を続けることで、利益を得ていただくことが期待できるからです。
 そして、商売は、このお客様は私たちが提供するサービス満足をしたときに初めて購入と言う形で利益をもたらしていただけるのです。
 利益があって、初めて私たちの活動は維持できていくのです。この活動が商売です。
 このことがわかっても、実行するのはとても難しいことです。私は26年間社長と言う立場で、このことに日々悩みながら過ごしてきたのです。
 今回はここまでです。次回からは、様々な私の体験を述べていこうと思います。
posted by 瀬戸大同 at 09:00| 愛知 ☔| Comment(0) | 社員日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月17日

かにかま 246

おはようございます。

最近息子の食欲が爆発しており、特に好きな物を際限なく食べます。

保育園から帰ると、かにかまと魚肉ソーセージを食べるのが日課です。
うっかり切らしてしまうとこの世の終わりのように泣きます。

他にもポテトサラダ、大根の煮物、コーンパン、鶏団子など…
好物の単語を出すだけで食べたいと言い出すので、
我が家ではポテトサラダは「P」、煮物は「N」など暗号を用いて話しています。

いつか解読されるのだろうかと怯える毎日です。
posted by 瀬戸大同 at 10:10| 愛知 ☁| Comment(0) | 社員日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月14日

天才クイズ 263

おはようございます。
私が子供の頃毎週見ていた天才クイズが、今年の8月に復活します。
娘が出演者募集のチラシを学校で貰ってきたので、幼稚園からの仲良し3人組で応募しました。
チーム名を考えたり、特技や夢やアピールポイント、チームのエピソードやチーム名の由来、応募動機、番組への熱意、PR動画等。
3人で話し合い、文章にしたり、動画を撮ったり。
なかなか大変な作業でしたが、娘達と親達の熱意が伝わり、出演できることになりました!!
娘も大喜びでしたが、子供の頃天才クイズに出たかった私もとても嬉しかったです。
大袈裟ですが、私が叶えられなかった夢を、娘が叶えてくれた、そんな気分です。

来月CBCテレビで収録があるので、とても楽しみです♬
posted by 瀬戸大同 at 09:00| 愛知 ☀| Comment(0) | 社員日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月13日

気持ち(心) 356

皆様、ご機嫌いかがですか。小牧支店 坂井です。

毎週コーチをしています、小学5年生のサッカースクールの学年別春季大会が行われましたが
残念ながら準決勝で0-2敗退・・・

試合後は悔しくて泣いてしまう選手、練習をたくさんしてもっと強くなってやる!と決意する
選手がいたりして、よし私も頑張ろう、選手たちの笑顔が見たい!と決意をあらたにしました。

そして迎えた試合後の練習日。
顔つきや意識が変わっている選手はほとんどいませんでした(笑)

上手くなりたい

勝ちたい

負けたくない

技術はなくても、気持ち(心)があれば乗り切れることはある。
技術や体力はすぐに身に付かないけど、気持ち(心)は今この瞬間から変えることはできる。
心技体の内、唯一、自分でコントロールできるよ。

などなど、選手たちに話をしながら自分に言い聞かせている今日このごろです・・・


posted by 瀬戸大同 at 07:25| 愛知 | Comment(0) | 社員日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月12日

ネモフィラ畑に行ったよ

お疲れ様です。
筒井です。

先日、なばなの里のネモフィラ畑に行ってきました!
なばなの里といえば、イルミネーションが有名ですが、お花畑もきれいでよかったです!

子どもの時は興味がなかったことも、年齢を重ねるにつれて良さを知れるようになったので
感性が変化してるのかな感じています。(コーヒーを美味しいと感じるようになったり)

また新たな発見に出会えるのが楽しみです!
S__39993355_0.jpg
posted by 瀬戸大同 at 08:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 社員日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月10日

ほんの一握り

おはようございます。瀬戸大同の加藤です。

先日約10年ぶりに妻とダーツをしてきました。
10年程前まで、毎日の様にダーツに通い、一時期はプロを目指してみようか?なんて思っていました。

そんなダーツですが、引退(というと大げさですが)をするきっかけとなったのは、
なんと、飯を食うことが出来ない=稼ぐことが非常に困難という事が判明したからでした。

技術的にはプロの要件を満たしても、賞金のでる大会で勝っていくには、プロの中でも
トッププロとならなければ難しいとの事で、これは、どんなスポーツでも同じですね・・・・

プロとして、稼げる、飯を食っていける人は、本当に一握りでした(当時は5名程度だった気がします)
到底そのレベルには達しれないと断念した次第です。

10年も離れると、もはや技術的なものは皆無となり、妻にも連戦連敗という結果でしたが、
楽しく、またやろう!なんて言って帰ってきました。

スポーツは違いますが、大谷翔平選手って奇跡の存在なのだなと改めて思った一件でした。
posted by 瀬戸大同 at 11:37| 愛知 ☁| Comment(0) | 社員日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする